強さはどれくらい?マッサージの時。

朝と寝る前にマッサージケアするだけのシミウス ホワイトニングリフトケアジェルは、シミからの悩みを解消するために生まれたシミケア化粧品です。

 

「マッサージする力の強さは、どのぐらいなの?」と悩まれる方もいるかも知れません。

 

また、私の親しい友人の中にも「力強くマッサージするとシミを消す効果が早くでるのかな?」とも言っていた方がいました。

 

ですが、それは大きな間違いであり、マッサージのやり方一つでシミの原因となってしまう場合もあるので、力加減は大切な項目となります。

 

なぜなら、強いマッサージは過剰な摩擦を生むことになり、その結果肌が炎症を起こすことに繋がってしまいます。

 

肌に炎症が起こるとその刺激などによって、色素細胞のメラノサイトが大量のメラニンを生成してしまい、シミの元になってしまうのです。

 

これらの事から「摩擦を起こさない力加減」でのマッサージが重要となるのです。

 

では、その力加減とはどのぐらいなのでしょう。

 

実は「摩擦を起こさない力加減」は、人それぞれ違うのです。

 

それは、乾燥ぎみの肌の方が潤いのある肌より摩擦が起きやすいと考えられ、肌の状態によって摩擦の起きやすさが違い、この力加減なら大丈夫というラインが変わってくるので、基準が作れないためです。

 

シミウスジェルの場合、肌が引っ張られるような感覚があると、力加減としては強すぎるということが言えます。

 

また、ジェルの量を増やすべきかも知れません。

 

弾力のある固めのシミウスジェルは、「お手入れガイド」の容量どおり使用していれば、そのような感覚になることはありませんが、摩擦を起こさないために少なすぎる量でのマッサージは避けるべきでしょう。

 

因みに、私の場合は乾燥肌で肌も弱いので「触れる程度の優しさ」の力加減でマッサージしています。

 

過去に利用していたエステサロンでも、このぐらいの力加減でしたし、「指を滑らせる程度の力加減」でもマッサージの効果は確実にあるとエステシャンの方も言っていましたよ。

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ